ボールブーケの作り方

投稿日:

突然ですが、ハンドメイドが大好きな私は何でもかんでもハンドメイドで作れないかとかんがえてしまうところがあり、ブライダルグッズもハンドメイドで出来るものはやりたいと思いまして、すぐに思いつくのはブーケ。

作ってみよう。

針金を使うのだけど、最初しっぱいして、細すぎたので割としっかりした太めでも大丈夫。

18はやりやすかったです。


ユザワヤさんに売ってる、発泡スチロールのボール。100ミリ

ここにお花を刺していくから、出来上がりイメージよりだいぶ小さいなぁくらいがベスト。

じゃないと、バスケットボールみたいになっちゃいます。笑


リボンは和風なら紐でも素敵です。

針金を半分に折ってU字のところにリボン

ボールの真ん中から針金を刺して貫通させます。

指で持っているところが貫通させた部分。

そうするとリボンはボールにぴったりくっつく形になる。


貫通させた部分わを両方に開き、こちらにもリボンをつけます。引っ掛ける感じ。


そして、針金の最後は直角に折り曲げてボールにぶすっと刺して固定。心配ならボンドで止めてください。

あとは花をさしまくるだけ。


100均でも最近は素敵な造花があるし、ユザワヤさんにも値段も色々な造花がたっぷりあります。

その花の頭を引っこ抜いてこうして針金をつけます。頭のあたりはプラスチックが多いのでキリで穴を開けて針金通して茎部分を作る感じ。

正直、ボールにさす部分だからグリーンでなくてもいい笑


頭が取れない頑丈なものはそのままつかう。

長すぎる茎はカット。


葉っぱもこうやって折り曲げた針金を適当につけてボールにさし込むだけ。


こういう紫陽花とか小さい花はバラして足りないところに刺していけるから結構つかえます。


ポイントは、高い花と安い花をうまくブレンドすること。

高い造花は一本千円とかザラなので、少しでも費用を抑えたいという場合だと、ハンドメイドの意味がないだろうから、100均とかハンズとかユザワヤとかあらゆるところ見てバランス見て買いました。

リボンのところが上と下になるからそれも考えて、真下はあまりみえないので小さな花でもいいと思います。


そして、目立たせたいところは大きめのお気に入りのものをもってくること。


親族お披露目会用に作りました。前撮りと披露宴を違ったイメージにしたい方にもいいかと思います。

造花は天気を選ばないのでロケの前撮りでも気にせず持てますよ。

こちらは披露宴和装用のボールブーケ↓



和装ならリボンではなく紐やタッセルがオススメです。

すごく楽しいので是非作って見てください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中